美容・健康

全身「粉ふき乾燥肌」原因と対策は?

全身粉ふくほど乾燥がひどくて困っちゃう。保湿クリーム塗ってるつもりなんだけど…

乾燥がひどい方は、冬はとくにかさかさ粉ふいて大変ですよね。そんな悩める粉ふき乾燥の原因と対策をお伝えします。是非、参考にしてみてください!

粉ふきになる原因は?

粉がふいて白くカサカサしている状態は、肌表面の角質細胞がめくれあがって、白く粉を吹いたように見える状態のことをいいます。この状態になるにはいくつか原因があります。

【原因その1】乾燥

私たちの皮膚は、角層がレンガのように積みあげられています。その隙間を細胞間脂質が埋めることで「肌のバリア機能」をつくり、外的刺激から守ってくれます。

しかし乾燥していると、この細胞間脂質や水分が少なくなっている状態の為、角層細胞がはがれやすくなってしまいます。

この状態で肌と衣類がこすれたり、肌をひっかいたりすると、はがれかけた角層細胞が粉状に目立ってしまうのです。

【原因その2】ターンオーバーの乱れ

健康な肌は、ターンオーバーをくり返すことで、角層細胞を常に新しく入れ替えて肌のバリア機能を維持しています。若い頃は約28日周期で行われていた角層のターンオーバーも、年齢とともに長くなります。

そのため、古い角層細胞が肌表面に蓄積したまま自然にはがれ落ちにくくなり、粉ふき肌になりやすくなってしまいます。

ターンオーバーの乱れは加齢によるものだけでなく、睡眠不足、偏った栄養バランスなどでも起こりやすくなるので注意が必要です。

【原因その3】角質肥厚

肌は紫外線や摩擦などの刺激を受けると、防御機能が働いて角層を厚く積み上げる「角質肥厚(かくしつひこう)」を起こすことがあります。角質肥厚を引き起こすと、角層が乾燥しやすくなり粉を吹いてしまうことがあります。

【原因その4】間違った洗い方

洗顔や体を洗うときに肌をゴシゴシこすったり、熱いお湯で洗ったりしていると、角層を傷つけてはがれやすくしてしまいます。また、水分の蒸発を招いて肌の乾燥が進んでしまうので、注意が必要です。

肌の乾燥やターンオーバーの乱れでバリア機能が低下すると、ますます乾燥が進み、汗やホコリ、花粉、カビ・細菌など、ちょっとした刺激にも肌が敏感になることもあります。

洗うときは、やさしく洗うように心がけしましょう!

粉ふき対策

では、粉ふきにならないようにするには、どうしたらよいか対策をお伝えします!

【対策その1】乾燥を防ぐ

粉ふき状態はとにかく見た目が気になります。まずはしっかり保湿することが重要です☆とくに、洗顔後や入浴後は水分が奪われやすいのですぐに保湿!とにかく素早く保湿しましょう。

【高保湿成分】

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コラーゲン

高保湿成分配合のスキンケアはこちら↓

【対策その2】洗い方を見直す

保湿しても、なかなか乾燥が良くならないという方いませんか?

  • ナイロン製のもので洗っている
  • 強くゴシゴシ洗っている
  • 刺激の強い洗浄料で洗っている

上記に当てはまる方は、洗い方を見直すことで乾燥を防げる可能性があります!洗うときは、なるべく肌に近いやさしい洗浄料(弱酸性・アミノ酸系)の泡で、やさしく洗ってあげましょう。

また、すすぎ残しがあると肌ダメージに繋がるので、しっかりすすぎ残しがないようにしましょう!

乾燥肌におススメの洗顔料はこちら↓

【対策その3】お風呂の温度

シャワーや湯船の温度を高くしていませんか?熱いお湯だと、どんどん乾燥を悪化させてしまいます。温度は40度以下にしましょう!

【対策その3】保湿クリーム

粉ふきさんには、とくに保湿クリームをしっかり塗るのがおすすめです!油分をしっかり補うことで、白い粉ふきも落ち着いてきます。

ポイントは、スキンケアの一番最後に塗ることです!しっかり最後に蓋をしておげることで、お肌に閉じ込めてくれます。

まとめ

粉ふくほどの乾燥は、見た目にも影響したり、メイクのノリが悪くてとても悩みますよね。乾燥対策をまずしっかりおこない、正しい洗い方でお肌をケアしてあげれば、すこしづつ解消されていきます!

最後の保湿もしっかりおこない、今年こそは粉ふき肌から解消されることを願っています☆

ABOUT ME
あいの
あいの
https://mamakira.jp/profile/