美容・健康

30代 気になる目の下のクマ・たるみ解消法☆

毎日、育児・家事に忙しいママたち。最近こんな悩み抱えていませんか?

「目の下のクマが気になる」「何か最近目の下がたるんでる気がする」

30代になってから、目の下のクマやたるみが気になる方が多くなります。それはなぜかわかりますか?実は3つの原因があります。この記事では、その原因と解決方法をお伝えします!是非、参考にしてみてください☆

あなたは『青クマ?』『茶クマ?』『黒クマ?』

クマには3つの種類があり、それぞれ原因が違います。種類別に、原因と解決方法を見てみましょう!

1、青クマさん

青クマの主な原因はズバリ『血行不良』です。目の周りの毛細血管の血流が滞ることで、血液が毛細血管から透けて見えてしまうのです。

温めたり、軽くマッサージして青っぽさがなくなるようでしたら、あなたは「青クマ」かもしれません。血行不良は、

  • 寝不足
  • 冷え
  • 眼精疲労

これらが主な原因の為、血流をアップさせるのがおすすめです!

また、寝不足が続いているようでしたら、少し多めに睡眠時間を確保したり、目の下をホットタオルなどで温めてあげるのも効果ありますよ♪

2、茶クマさん

茶クマの主な原因はズバリ『色素沈着』です。このクマは、マッサージするぐらいでは消えることはありません。

そのため、皮膚を引っ張ったり、目の周りを動かしてみても色が変わらなければ、あなたは「茶クマ」かもしれません。色素沈着は、

  • メイクや洗顔などの刺激によるもの
  • 紫外線
  • 目をこする

これらが主な原因の為、あまり強く目元をこすらないようにしましょう。とくにアイメイクを落とすとき強くしがちなので、優しく落とすように心がけることが大切です!

また、美白成分配合のスキンケアを使ったり、UVケアをしっかり行うことも大切です。

3、黒クマさん

黒クマの主な原因はズバリ『皮膚のたるみ』です。加齢により目の下がたるむと影ができ、それが黒いクマに見えてしまうのです。

皮膚を引っ張ってみたり、上を向いて色が見えなくなるようだったら、あなたは「黒クマ」かもしれません。皮膚のたるみは、

  • 目の周りの筋肉が衰える
  • コラーゲンやエラスチンが減少しハリがなくなる

これらが主な原因の為、目の周りの筋肉を鍛えるマッサージをしたり、目元にハリを与えるアイクリームを試してみるのもいいでしょう!

おすすめ目元マッサージ

血行不良やたるみなどは、マッサージをしてあげることで目元の明るさが変わります。簡単に家事の合間にできるマッサージをご紹介します♪

1、ピアノタッチで血流を促そう!

  1. 人差し指、中指、薬指の3つの指を使って、目の下の膨らみに指を当てポンポン、ピアノを弾くように軽くたたきます
  2. 目頭からこめかみまで5往復くらい行いましょう
  3. 最後に3本の指を同時に目の下の膨らみに軽く押し当て5秒静止します。

2、目の上下を押し流そう!

  1. 目の上、目頭→眉頭→眉中央→目尻→こめかみの順に3秒ずつ押し流します。目頭は中指のみ、他は、人差し指・中指・薬指の3つの指で行いましょう。
  2. 目の下、目頭→涙袋の真ん中→目尻→こめかみの順で3秒ずつ押し流します。目の上と同様の指で行いましょう。
  3. 最後にこめかみを円を書くようにマッサージ!

※3つの指がやりにくかったら、人差し指と中指、または中指と薬指の2本でやっても大丈夫です!

3、眼球8の字エクササイズでたるみ解消!

  1. 目を見開き、頭を動かさないようにして正面を向く。
  2. 8の字を描くように、眼球だけを大きくゆっくり5回動かす。
  3. 逆回りも同様に5回動かす。

4、目の見開きエクササイズで筋肉を鍛えよう!

  1. 額が動かないようにするため、手のひらで軽く押さえる。
  2. 額や眉間に力が入らないように気を付けて、目の周りの筋肉だけを使うよう意識して目を思いっきり閉じ、5秒キープする。
  3. 額にシワがよらないように注意して、思いっきり目を見開き5秒キープする。
  4. 5回ほど繰り返す。

1,2は血流をよくするもので「青クマ」に効果的です。3,4は目の周りの筋肉を鍛えたり、たるみ防止になるため「黒クマ」に効果的です。

悩み別☆おすすめ対策法と化粧品

それでは、それぞれのお悩み別におススメの化粧品をご紹介します♪

青クマさんには

青クマは「血行不良」が主な原因の為、化粧品に頼るより、日常の中で血行不良を改善するのが一番の近道です!簡単なので、青クマが気になる方は次の3つの内、どれか1つでもいいので、日常で取り入れてみてください。

  • ホットタオルで目元を温める
  • 湯船につかる
  • なるべく温かい飲み物を飲んで体を冷やさないようにする
  • すぐお出掛け!というときは「オレンジのコンシーラー」で血色をカバーできます。 

茶クマさんには

茶クマは「色素沈着」が主な原因のため、紫外線対策などに注意しましょう。しっかり茶クマになってしまうと、なかなか消すことは難しい茶クマ。ひどくならないように、日々のスキンケアを見直し、次の注意点に気を付けましょう。

  • クレンジング・洗顔のときはなるべく強く何度もこすらないようにする
  • 目元にもしっかりUVケアをする
  • 基礎化粧品には「ビタミンC」「ビタミンC誘導体」「トラネキサム酸」「コウジ酸」などの美白成分が配合されたものを選ぶ
  • メイクでカバーするときは「イエロー系」「ゴールド系」がおすすめです。

黒クマさんには

黒クマは、目元の「たるみ」が主な原因のため、エイジングケアをしっかり行うと良いでしょう!保湿をしっかり行い、ハリをサポートする化粧品がおススメです!

  • お肌のハリやツヤをサポートする「ヒアルロン酸」「ビタミンC」「コエンザイムQ10」「ビタミンEなどが配合された基礎化粧品がおすすめです。
  • たるみには紫外線もNG。UVケアもしっかり行う。
  • メイクでカバーするときは、肌に近い「ベージュ系」「オークル系」がいいでしょう。

クマにおすすめの化粧品はこれ!

まとめ

クマには「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3つの種類があり、それぞれ原因も対処方法も違います。

まずは、どのクマの種類なのか知ったうえで、それぞれに合った対策をとりましょう。

「クマ」があると一気に疲れ顔になり、何だか心も暗くなりがち。忙しいママはクマができやすい要素がたくさん

でも、解決方法を知れば、きっと悩みから少しづつ解消されていきます!手に負えなくなる前に・・・是非取り入れられるものを取り入れてみてはいかがでしょうか?

目元が明るくなるとパーと心も明るくなるはず!

ABOUT ME
あいの
あいの
https://mamakira.jp/profile/