ライフスタイル

子供の目が心配「ブルーライト」の影響は?

ゲームやったりスマホ見たり…子供の目が心配だなぁ。

スマホやゲームが当たり前のように普及し、子供たちもブルーライトを浴びる機会が増えましたよね。そこで心配なのが、ブルーライトが及ぼす子供たちの目の影響です。この記事では、そんな「ブルーライト」がもたらす影響についてお伝えします☆

ブルーライトが及ぼす影響は?

そもそも「ブルーライト」とは何でしょうか?

【ブルーライトとは】

人の目で見ることができる光(可視光線)の中でも、最も波長が短く青い色をしたものをいいます。

このブルーライトは、強いエネルギーをもち、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達するため、人体への影響が懸念されます。

ただ、ブルーライトが「目の病気」を誘発するかどうかは、現時点ではあきらかになっていません。しかし、睡眠や生活習慣に影響がある可能性は高いようです。

睡眠

人体で合成される「メラトニン」が深く関係しています。人は、目に入る光によって体内時計を管理しています。光が多く入ると、メラトニンの分泌が抑制され、夜になって光を感じなくなると、メラトニンが多く分泌されます。

メラトニンが多く分泌されることで、「眠気」という生理現象が起きるのです。けれど、夜ゲームやスマホなどをやると、ブルーライトを浴びることで脳は昼間と勘違いし、メラトニンの分泌を抑制し、寝つきが悪くなったり自律神経にも影響をもたらせてしまうのです。

ブルーライトは紫外線に近い光の波長です。そのため、紫外線と同じように、色素沈着などの影響がでてしまう可能性があります。

ブルーライトの影響は、必ずしも目の病気や失明などを引き起こすとは、現時点ではいえません。

しかし、日本の眼科チーム眼精疲労やドライアイに対するブルーライトの影響などの研究を実施したところ、波長の短いブルーライトの光のちらつきが、眼精疲労など目の症状に影響することが確認されたそうです。そのため、頭痛を引き起こしたり、視力の低下を招くと言われています。

また、長時間ブルーライトを浴びて目を酷使させることは、想像以上に目の負担になることもあります。子供の場合、気付かないうちに目のトラブルが悪化してしまう場合もありますので、注意が必要です。

対策

ブルーライトが及ぼす目の病気については明確になっていません。けれど、少なくても、睡眠や生活習慣に影響があることは確かのようなので、対策をとるに越したことはありません。

【対策その1】ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカット眼鏡をすることで、視力が低下しないとか、ブルーライトを完全に遮断するというわけではありません。けれど、少しでも目の奥に透過させないようにするため、購入を検討するのも1つだと思います。

【対策その2】色温度の調整

スマホなどでは、色温度を調整する機能があります。色温度とは、画面の光の色のことで、色温度を下げると青白い画面から黄色み帯びたオレンジっぽい色の画面になります。

そうすると、ブルーライトを低減できるといわれています。あまり下げすぎると、逆に画面が見づらくなって視力が低下することにもなりかねませんので、ちょうどよいポイントを調整しましょう。

【対策その3】フィルムを貼る

ゲームやスマホの画面に、ブルーライトカットのフィルムが売られていますよね。そういうフィルムを貼ることで、ブルーライトカットが低減できますので、是非貼りましょう!

【対策その4】ルティンの摂取

最近、目を有害光線から守るのに「ルティン」という物質が注目されています。ルティンは、生まれた時から体内に存在していますが、体内で新しく生成することはできません。

このルティンには、有害光線を吸収する働きがあり、目の中で有害光線をカットし、網膜の損傷を防いでいます。「天然のサングラス」ともいわれており、ルティンを摂取することで目を守ってくれます。意識的にルティンを多く含む食材を摂取していきたいですね!

まとめ

今や、子供たちがブルーライトを浴びることは当たり前になってきています。今度、学校生活で学ぶ際も、オンライン授業が増えたり、パソコンやタブレットで学ぶ機会が増えます。

遊びの場だけではなく、学びの場でも多く触れることになるので、大切なお子さんの目を守るため、できる対策をとっていくことをおすすめします☆

みんなで、子供たちの目を守ろう!!

ABOUT ME
あいの
https://mamakira.jp/profile/