育児

子供に多い「しもやけ」原因と対策法

冬になると、赤く腫れたりする「しもやけ」ができてしまうお子さんも多い時期。しもやけは、幼児から低学年のお子さんに多く、痒かったり痛かったり、見ていても可哀そうですよね。

うちの次男くんも、小さい頃、しもやけになって可哀そうだったなぁ。

そんな「しもやけ」の原因や対策について、経験を元にご紹介します!

しもやけの原因

しもやけは、寒さによる血行不良が原因で起こる炎症のことをいいます。「しもやけ」と「あかぎれ」は似ているようですが、少し違います。

  • しもやけ…寒さによって血行不良になることが原因
  • あかぎれ…寒さと空気の乾燥によって皮膚のひび割れが原因

寒さが原因のしもやけですが、もう少し詳しく見ていきましょう。

温度差

人間の体は体温調整をする機能が備わっています。寒さを感じたら、血管を縮めて血液をあまり流さないように、また暑さを感じたら、血管を広げて血液を大きく流し、表面温度をあげたり、汗をだして熱を放出します。

温度差があると、「暑さ」と「寒さ」が繰り返され、血液の循環に障害が生じます。1日の気温差が10度以上のときや、寒暖差が大きい季節、皮膚が濡れたままのときが、しもやけになりやすいといわれています。

しもやけになりやすい場所

しもやけは、「手足の指やかかとなど」末梢の血管では血行のコントロールがしにくいため、赤く腫れたり、痒くなり「しもやけ」になりやすです。

また、「耳たぶ、鼻のあたま、頬など」冷たい風にさらされる場所もなりやすいです。

うちの子は、足の指やかかと、頬がしもやけになっていたなぁ。

しもやけになりやすい体質

実は、しもやけになりやすい体質があります。

  • 両親が血行が悪く、子供の頃しもやけになった経験がある場合、子供がそれを受け継ぐ場合があるそうです。
  • 汗をかきやすいことも要因の1つと言われています。

わが家の次男くんは、すごく代謝が良くていつも汗かいてた、、汗をあまりかかない長男くんは、しもやけになったこと、一度もなかたから、体質が原因なのかも~

しもやけの予防法はあるの?

子供にとって、痛痒いというのは我慢できず辛いですよね。予防法があれば、なるべくやってあげたいですね。そこで、いくつか予防法をご紹介します!

【予防法1】濡れたままにしない

子供は、雪や雨に濡れても構わず遊んでしまうことが多いですよね。でも、靴下や手袋が湿ったまままた使うと、しもやけになりやすくなってしまいます。

濡れてしまっても着替えられるように、濡れる心配があるときは、予備を持ち歩きましょう!

【予防法2】保湿してあげる

冬の寒い日は、自宅に帰ってきたらなるべくすぐ温めてあげ、保湿剤で軽くマッサージしながら塗ってあげると、血行がよくなりしもやけを防ぐことができます。

毎回でなくてもいいですが、外気にふれるところはとくに、赤くなっていないか確認してあげることをおすすめします。赤くなっていたら、保湿剤を塗ってあげましょう。

寒い日に外から帰ってきたら、すぐにお風呂いれたり、保湿をしっかりぬってあげたら、しもやけになることが少なくなったよ!

子供のしもやけの対策法

しもやけになったら、すぐ病院につれていったほうがいいのかな?家で何かできることあるかな?

初めてわが子が「しもやけ」になると、どうしたらよいかわからなくなりますよね。そこで、すぐ自宅でできる対策方法をご紹介します☆

血行促進

しもやけになってしまったら、まず患部を「あたためたお湯」と「冷たい水」の交互につけて、血行を促進させてあげましょう。こたつも有効です!

うちの子も、こたつにはいって温めてあげたら、じんわりよくなっていったよ!

オロナインは有効?

よく、しもやけにオロナインがいい!と聞くけどいいの?

オロナインH軟膏の主成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩という消毒成分です。添加物には皮膚の保湿保護剤の役割をするワセリンも含まれます。

ひび、あかぎれ、しもやけに有効で、お風呂上がり、就寝前に擦り込むようにして塗ってあげると効果的といわれています。

ひどかったら

我慢できず掻いてしまったり、痒みがひどかったらすぐに皮膚科を受診しましょう。ステロイド剤や、保湿剤を処方してくれます。

うちの子が初めてなったのが3歳のときで、保育園でしもやけになって、掻きむしってひどいことになっていたので、すぐ皮膚科で薬をもらいました!すぐよくなったから、安心したよ!

まとめ

うちの子がしもやけになったのは、保育園で、寒い日も床暖なしのところで素足で過ごしていることが一番の原因でした。

しもやけになりやすい体質なことを知ってからは、冬場自宅で過ごしているときは、靴下を履かせたり、外から帰ってきたら注意して赤みをみたり、保湿をしっかりすることで、しもやけを防いでいました。

原因や対策を知ることで、お子さんのしもやけを防ぐこともできるかもしれません!もし、しもやけになりやすいお子さんでしたら、参考になれば嬉しいです。

親としても、子供の痛痒さをみているのは可哀そうでなりませんよね、、成長とともに、しもやけになることも少なくなってきますので、慌てず対処してあげてください。

ABOUT ME
あいの
あいの
https://mamakira.jp/profile/