育児

サンタさんって子供はいつまで信じる?やめ時は?

冬が近づいてくると、子供たちがわくわくし始めるのがサンタさんですよね!

小さいときは、何の疑いもなくサンタさんを信じてプレゼントを待っていた子供たちも、だんだんサンタさんの存在を疑うようになってきます。

わたしの周りでもこの話題はよくでていて、どうやって上の双子くんたちがサンタさんを終わりにしたのか聞かれることが多くなったので、色んなママの意見とわが子の体験をもとに記事にしました!

みんなのお家のサンタさんはいつまで?

未就学児までのお子さんは、9割ぐらいはサンタさんを信じていました。

でも、大きな兄弟がいるお家は、お兄ちゃんやお姉ちゃんが「サンタさんはいないよ」とか「サンタさんはパパとママだよ」といってしまうこともあります。

双子が小学校低学年のとき、イベントで調べる機会があり、双子のクラスの子にサンタさんはいるか多数の子供に聞いたことがあります。

サンタさんはいる!と答えたのは…

  • 1.2年生…3分の2
  • 3年生…半々。お互い意見をぶつけ合っていました。
  • 4年生…3分の1
  • 5年生以降…ほとんどのお子さんが、パパとママが置いているんだよ」と答えていましたが、中には「いるんだ!」と信じているお子さんもいました。

結果、「低学年までは信じている子供もまだたくさんいる」でした。

ちなみに、うちの双子くんは3年生までは完全に信じていて、4年生のときも信じていたのですが、友達に「親がサンタだよ」といわれたそうで、そのときこう答えたそうです。

サンタさんがうちの親のはずがない!

あんな3人分のプレゼントを一気に買うほどうちはお金持ちじゃないもん!

複雑…でも完全にサンタさんがわたしたちではない!って思ってるみたい。

そんな感じでしたが、だんだんやっぱ何かがおかしいと思ってきたらしく

でも、サンタさんが寝ている時間にプレゼント置きに来るって、やっぱ何か変!

どうやってもおかしいことだらけだよね~

そういってきました。サンタさんがうちの親のはずはない!でもサンタさんの存在はやっぱおかしい。それがうちの子が思っていたことでした。

何歳でサンタさんを疑い始めるのか

性格も家庭環境もまちまちなので一概にはいえませんが、小学校低学年ぐらいまでは、結構サンタさんを信じているんだな!と思います。

疑い始める子もいますが、心のどこかでサンタさんを信じている、信じたい様子が、子供たちに聞いて回ったときに感じました。

3.4年生ぐらいがちょうど疑う年齢で、信じる子、信じない子に分かれはじめる傾向にあります。

高学年になると、ほとんどのお子さんがサンタさんは親だとわかっているということが多数ではないかなと思います。

けれど、下にまだ信じている年齢の兄弟がいるお家は、サンタさんを信じて合わせている子もいました。

疑い始めたとき、親だと気づいたとき子供がする行動

ずっとサンタさんを信じてきたけど、お友達の話でサンタさんを疑うようになったり、実は寝ているふりをしていて、親がプレゼントを置いているところを見てしまった!など

知ってしまった後、子供たちはどのような行動をとるのでしょうか?

  • 「パパ(ママ)がサンタさんでしょ!」と聞く
  • 「○○ちゃんがサンタさんはいないっていってたよ」と聞く
  • 本当のことを知っているけど、信じていないとプレゼントがもらえないから、信じているふりをする

だいたいはこの3つにわかれます。

うちの子はすぐ聞いてくるタイプでしたが、お友達の中には「知らないふりしないともらえないぞ!」と言っている子もいておもしろかったです!

どの時点でサンタさんを終わりにするか

サンタさんはいないと告げるのか、別の教えをするのか、それは各家庭様々だと思います。

そろそろ疑い始めたとき、どう答えたらいいかわからない方の為に、私の経験やまわりのママたちの意見をもとに多数あった答えをまとめてみました!

サンタさんはパパ(ママ)でしょ?と聞かれたら

未就学児やまだ低学年子供だと、疑われてもごまかす方が多かったですが、3.4年生ぐらいで聞かれると、色々突っ込んでくる質問が多くなります。

また、ごまかしきれなくなるため、この時点で「そうだよ」と本当のことを言う家庭が多かったです。

そのとき、「嘘つき!」と子供が不信感を抱かないようにするため、色々工夫して伝えることが大切かなと思います。

サンタさんの存在は、喜びと楽しみにする夢があること、どうして嘘ついてまでサンタさんを演じたのか、などみんな工夫して子供たちが嫌な気持ちにならないように工夫をしていました。

年齢制限を最初から作った

次に多かったのが、小学校上がるぐらいから「サンタさんは〇才までしかプレゼントを届けられないんだよ」と伝えておくでした。

家庭によって年齢は様々ですが、疑い始める8歳~10歳ぐらいで制限を作っている家庭が多かったです。

このパターンが一番効くのが、とにかくサンタさんを信じ切ってる子供たちです。

周りに疑いそうな環境がなかったり、性格的に信じやすいタイプの子はいつまでも信じ続ける場合があるので、初めから何歳までと決めて伝えることで、子供たちもそれまでの楽しみとして過ごすことができます。

ちなみにうちの長男はこのパターンで、次男が疑おうが何しようが全く気にもせず信じていたので、ママ友に教わって10歳までと決めて8歳の時、こう伝えました!

サンタさんは、世界中の子供たちにプレゼントをあげないといけなくて、大変!だから10歳までの子供にって決められているんだよ。

10歳過ぎたら、今度はママやパパがクリスマスプレゼントとして、何か買ってあげるからね!

そうなんだ!あと2回しかこないんだ~でも小さい子が待ってるもんね!サンタさんも大変だね。

じゃあ10歳過ぎたあとは、ママたちにお願いしよ!

あっさり受け入れてくれたので、長男にはこのパターンでサンタさんに終わりをお告げました。

うちには4歳の3男もいるので、下手にサンタさんはママとパパだよって告げられても…まだまだ夢壊さないで!って思ったので、これが一番ベストでした!

逆に次男は真逆の性格で、友達にいわれるとそうなのかな?と疑い、あれこれ憶測を立てるタイプ。なので、同じように伝えても

そっかそっか~そうなんだ~

と、ニヤニヤしながら嘘バレバレでしたが、長男や3男がいないところで私にこういいました。

俺、ちゃんと合わせるから大丈夫だよ!ママがプレゼント置いているのもうわかってるよ!

大変だったね、でもありがとう。2人には内緒にしておくからさ!

いや~びっくり発言でした。でも不信感抱かず理解してくれていることに感謝でした!

親の方から伝える

これも意外と多かったですが、子供があれこれ聞く前に「クリスマスプレゼント何がいい?」と聞いてしまうというものです。

ある程度の年齢にいったら、「サンタさんはいなくて、プレゼントはパパたちが置いていたんだよ~」とあっさり伝えるそうです。

そして、欲しいものを一緒に買いに行く方が楽!との意見でした。

バレるかバレないかそわそわするのが嫌!っていう気持ちがあるようです。

そう伝えても、もうある程度の年齢になると「そうなんだ!」と納得できちゃうので、そこでサンタさん終了となります。

また、子供にとって「プレゼントがもらえる!」これが一番なので、サンタさんであっても、親であってももらえればいい!というのが本音のようです。

まとめ

「サンタさん=プレゼントがもらえる!」というのが子供にとっても嬉しいこと。

ある程度の年齢になると「プレゼントがもらえるなら何でもいい!」に変わります。

ただ、どう伝えたら一番ベストなのかは、各家庭によって違うのではないでしょうか。

お子さんの環境や性格によっても違うと思いますので、こんな方法もあるんだ~と思っていただけたら幸いです。

ABOUT ME
あいの
https://mamakira.jp/profile/